損害保険労働組合連合会と懇談会を開催しました!


2019.5.13

   2019年5月9日(木)に一般社団法人日本損害保険代理業協会(以下、日本代協)は、損害保険労働組合連合会(以下、損保労連) 損保グループ産業政策委員会の皆さまとの懇談会を開催しました。

  当日は、出席者全員の自己紹介、それぞれの取組みについて説明した後、意見交換を行いました。

  損保労連との懇談会は、今回で5回目となりますが、お客さまに最も近い損害保険代理店と保険会社の第一線で働く損保社員が現場目線で課題を共有し、健全な業界の発展を目指すことを目的に開催しています。

  今回は、環境認識を共有し、2つのテーマについて意見交換を行ないました。
  @ 大規模自然災害への対応と今後の取組み
  A 長時間労働につながる商慣習の見直しに向けて

  大規模自然災害を通じて、代理店の立場で認識した募集体制や支払体制に関する課題解決に向け、行政・業界・保険会社・代理店で対応すべきことについて意見交換しました。

  働き方改革関連法施行を契機に、代理店・保険会社が認識しておくべき課題等について意見交換を行いました。