『東日本大震災による損害保険代理店経営への影響に関する調査』報告書を作成しました。


2015.9.1

  日本代協は、東日本大震災から4年が経過した、昨今において、損害保険代理店経営の影響と現状を確認するため、株式会社野村総合研究所と協働で昨年から調査を進め、この度、調査報告書が完成しました。
  今後、日本代協では、本調査報告書に基づく支援のあり方について、具体化に向けた検討をすすめていきます。


   【調査報告書の主な内容】
      1.はじめに
   〜調査・検討の背景と目的、調査体制〜

  2.東日本大震災による損害保険代理店経営への影響
   〜岩手県代協、宮城県代協、福島県代協会員へのアンケート結果〜

  3.東日本大震災特有の被害を受けた損害保険代理店の当時と現状
   〜被災を受けた5代理店へのインタビュー〜

  4.損害保険代理店経営のあり方と業界としての支援
   〜有識者3名による上記アンケート、インタビューを踏まえた代理店経営の考え方・示唆〜

      5.日本損害保険代理業協会として
   〜災害時における代理店への支援のあり方を検討するうえの着眼点〜



 『東日本大震災による損害保険代理店経営への影響に関する調査』