平成26年度 グリーン基金の寄付先団体を決定

2015.2.16


   日本代協は、平成26年度 グリーン基金に応募のあった21団体への寄付を決定しました。

  グリーン基金とは日本代協が行っている社会貢献のための寄付活動で、植林等の自然保護活動のほか、地域社会貢献活動に実績のある団体に対して寄付を行っています。

  平成26年度のグリーン基金は、昨年10月1日から12月31日まで日本代協のホームページで公募を行い、日本代協CSR委員会、外部委員を交えたグリーン基金選考委員会で寄付先団体を選考しました。昨日、理事会の承認を得て決定しました。


       グリーン基金の寄付を行う団体は、以下のとおりです。

                 1.10万円を寄付する団体

 団体名
 (特非)庄内海岸のクロマツ林をたたえる会
  盤州干潟を守る会
  (特非)未来の荒川をつくる会
  (特非)町屋百人衆
 (特非)世界の砂漠を緑で包む会
 (公財)大阪みどりのトラスト協会
 (特非)共生の森
  コウノトリ湿地ネット
 (特非)いわて森林再生研究会
 (特非)移動保育プロジェクト(ポッケア)
 (公財)日本補助犬協会
 (特非)日本動物介護センター


                 2. 5万円を寄付する団体

 団体名
 (特非)山の自然学クラブ
  チャイルドラインおおいた
 (特非)日本救助犬協会
  花水木の会
 (特非)エコ葛城市民ネットワーク
 (特非)りーぱ
  八代のツルを愛する会
 (特非)もりねっと北海道
 (特非)霧多布湿地ナショナルトラスト


選考委員会の模様