早稲田大学のシンポジウムで岡部会長が講演を行ないました

2013.7.2

 平成25年6月28日(金)に早稲田大学で行われた保険規制問題研究所シンポジウムに岡部会長が招待され、「金融審保険WG報告の評価と課題」と題して講演を行ないました。また、講演後に行なわれたパネルディスカッションでパネリストとして登壇しました。
  なお、このシンポジウムに日本代協は共催として参加しました。


   早稲田大学 保険規制問題研究所主催 公開シンポジウム
        「保険募集の課題と展望」
    −金融審WGの「報告案」をめぐって−
     日時 :2013年6月28日(金)13:45〜17:40
     会場 :会場:早稲田大学大熊講堂
     共催 :一般社団法人 日本損害保険代理業協会


 プログラム
 【第1部】 研究員による発表
    「保険募集制度の今後のあり方」
早稲田大学 商学学術院 教授 江澤 雅彦 氏
「保険業の製販分離と募集人の義務」
早稲田大学 保険規制問題研究所 招聘研究員 大塚 忠義 氏
「意向把握について−義務と責任の観点から−」
早稲田大学 法務研究所 大塚 英明 氏
「韓国における保険募集の現状と課題」
早稲田大学 商学学術院 助手 崔 桓碩 氏
【第2部】 招待講演
   「金融審保険WG報告の評価と課題」
一般社団法人 日本損害保険代理業協会 会長 岡部 繁樹 氏
 「『保険募集の課題と展望』−金融審WGの『報告案』をめぐって−」
一般社団法人 日本保険仲立人協会 会長 葛石 智 氏 
 「パネルディスカッション」


 早稲田大学 保険規制問題研究所
 http://www.kikou.waseda.ac.jp/WSD322_open.php?KikoId=01&KenkyujoId=6Q&kbn=0






講演する岡部会長


パネルディスカッションの様子