「日本代協アドバイザーに岩崎邦彦氏(静岡県立大学経営情報学部教授)が就任しました!」


2017.10.17

   日本代協では平成29年度第5回理事会(10月13日開催)にて、長年にわたり地域性を持った小規模企業のマーケティングを研究しておられる岩崎邦彦先生にアドバイザーに就任いただきました。

   岩崎先生は、静岡県立大学経営情報学部教授として地域的次元を含むマーケティングの研究をされており、特に日本の中小企業のマーケティングに深い見識と実践経験をお持ちの気鋭の研究者であります。

   国内の99.7%は中小企業であり、日本経済を元気にするためには中小企業が元気になる必要があります。そのためには、小規模であることを「チカラ」に変え、その「強み」を活かしてマーケティングやブランド構築に成功することが必要です。

   保険代理店も多くは中小零細企業ですが、一方で時代の潮流は、「全国」から「地域」、「総合」から「専門」、「量」から「質」といったトレンドであり、小さな企業にとっては追い風となる変化も起きています。ポイントは、その追い風をいかに現実のチカラに変えるかであり、先生のアドバイスを活かして保険代理店自身が「自らの強みを認識し、顕在化させ、それを磨く」きっかけにしていきたいと考えております。

先生のプロフィールは、別紙PDFを参照願います。