第6回日本代協コンベンションのテーマを決定しました。

2015.5.13

第6回日本代協コンベンション テーマ

『消費者から見た代理店のあり方を考える』



   昨年の第5回日本代協コンベンションでは、『代理店のマネジメントのあり方を考える』をテーマに様々な経験・経歴を持った社員のモチベーションを維持し、組織としての力を高めながら会社を成長させていくことを考える契機としました。
   今回、会社としてのガバナンスが取れた代理店の姿をさらに一歩進める形で、「消費者から見た代理店のあり方」としました。保険業法改正の根底にある消費者の適切な選択を踏まえ、改めてお客さまから求められる(選ばれる)代理店の付加価値・経営品質を考える契機にしたいと思います。

   今後、東京、埼玉、千葉、神奈川の若手会員、事務局の計11名によるプロジェクトチームが中心となり、第6回日本代協コンベンションの式典・基調講演・懇親会のプログラム、分科会の講師、登壇者などの検討を進めてまいります。

【第6回日本代協コンベンション】
日 程 2016年11月4日(金) 13:00-17:30、18:00-20:00 :式典・基調講演、懇親会等  (予定)  
2016年11月5日(土) 10:00-12:00 :分科会
場 所  2016年11月4日(金) ホテル グランパシフック LE DAIBA (港区台場2-6-1) 
2016年11月5日(土) 損保会館および周辺会場 (千代田区神田2-9)


   ※8月中旬に開催通知を都道府県代協、関係団体等にお送りします。

(第1回コンベンションPT会議の模様)